心斎橋の医療脱毛でVIO脱毛はとても痛むのか

最近、心斎橋などにある医療脱毛クリニックで施術をする人たちが増えました。

そんな女性たちが皆一様に心配するのが、施術の際の痛みについてです。誰だって、痛みは怖いのがあたりまえなので、不安に思うことを恥ずかしがる必要はありません。そこで、いったい身体のどの部分の脱毛が、一番痛みを感じやすいのか考えてみることにしましょう。全身脱毛の経験者に聞くと、もっとも痛かったのはいわゆるVIOゾーンと呼ばれるデリケートゾーンのようです。

VIO脱毛について知らない人のために簡単に説明すると、Vラインとは、正面を向いたときに見える、アンダーヘアの毛全体を言います。Iラインは、股の間の部分のムダ毛を指します。Oラインはお尻の奥、肛門まわり2ミリから3ミリくらいの範囲です。VIO脱毛は見た目の美しさだけでなく、汗をかきやすく蒸れやすいデリケートゾーンを清潔に保ち、生理のときの匂いやかゆみなどを防ぐためにも、心斎橋の医療脱毛クリニックでも、現在、大変人気のある部分脱毛なのです。

しかしこのVIOゾーンですが、特にVIのラインには、太い毛が密集しており、根も深いのが特徴です。ワキの毛に似ていると思えば理解できるでしょう。どうしても毛が太いと、黒い部分にレーザーを照射しますので、痛みを感じやすくなってしまいます。また普段から、自分では見ることのできない部分なので、よけいに恐怖心が増すと思います。もちろん、心斎橋などにある医療脱毛クリニックでは、そういった患者の心理をきちんと理解し、なるべく痛みを感じないよう照射レベルを調整してくれますので、不安があれば事前のカウンセリングなどで気軽に相談してみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *